ダイヤモンド富士 from 東京タワー (2014年2月9日)

LINEで送る
Pocket

ダイヤモンド富士の撮影に成功しました!

場所は東京タワー、日時は2014年2月9日 16:55〜

東京タワーは元々観光客も多いため南西方角の窓を確保するのはなかなか難しいと判断して早めに行く事にしました。展望台は上の特別展望台まで登らず、中間の大展望台2階に陣取りました。ここで充分高さも確保できるし、こちらの方がスペースも多いためです。(お金も余分にかからなくてすむしね)

東京タワーからダイヤモンド富士(2014年2月9日 16:50)
東京タワーからダイヤモンド富士(2014年2月9日 16:50)

前日2月8日は東京20年ぶりの豪雪で大変な吹雪だったのにこの日は打って変わっての晴天!よし!と思いきや、いざ東京タワーの大展望台2階へ行ってみると見事に富士山周りだけが曇りに曇ってモクモクでした。

こりゃダメかなぁと思いつつも、夕暮れの光が雲を晴らす事はよくあるので粘ってみました。さらに問題がまだあって、僕の調べでは東京タワーからのアングルだと2月8日が頂上へ日が沈む日であって、この日は1日ずれているため少し右寄りに沈むはずでしたので、「奇麗にダイヤモンドにならないかなぁ」なんて不安も有りました。

しかし!

東京タワーからダイヤモンド富士(2014年2月9日 16:55)大
東京タワーからダイヤモンド富士(2014年2月9日 16:55)大

ほい。撮れました!
ってか、少し右目に沈む事もあり、太陽が富士山の頂上を通過する時点ではまだ高度があるため太陽をはっきり見る事ができ、多分昨日見えたであろう景色よりもむしろ奇麗なダイヤモンド富士となったのではないでしょうか。

東京タワーからダイヤモンド富士(2014年2月9日 16:55)中
東京タワーからダイヤモンド富士(2014年2月9日 16:55)中

初めて撮ってみましたがダイヤモンド富士の状態を保つ時間が非常に短いため結構難しいです。そして焦ります。予めセッティングを完璧にしてスタンバイしておかないとまずとれないでしょう。

東京タワーからダイヤモンド富士(2014年2月9日 16:55)小
東京タワーからダイヤモンド富士(2014年2月9日 16:55)小

今日学んだ事は「太陽が少し富士山の頂上を超えてから沈む日を狙った方が奇麗なダイヤモンド富士を捉える事が出来るという事です。これが多分本当の頂上での日没であれば、中心に太陽が来た時点で太陽が既に見えない事になってしまいますからね。

東京タワーからダイヤモンド富士(2014年2月9日 16:57)
東京タワーからダイヤモンド富士(2014年2月9日 16:57)

因にこの日の本当の日没はこの辺り。少し右に寄って落ちてますね。

今回の撮影では、以下の感じで撮りました。

レンズ:望遠270mm
ISO:100
絞り:F11
シャッタースピード:1/500 〜 1/3000 くらい。
フォーカスはマニュアル

いやー、神々しかったです。

皆さんも是非トライしてみて下さい。

「いいね」ご協力お願い致します!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。