三軒茶屋をお散歩

LINEで送る
Pocket

今日は東急田園都市線の三軒茶屋周辺をお散歩してきた。
三軒茶屋という地名はその昔、江戸時代にここ大山道(現246)を中心として三軒の茶屋が旅人を出迎えた事に由来する。
茶屋はそれぞれ、田中屋、信楽、角屋という。

さて、出発はここ東急田園都市線の三軒茶屋駅出口。

三軒茶屋駅
三軒茶屋駅交差点にて

出発前に記念撮影

三軒茶屋駅交差点にて
三軒茶屋駅交差点にて

 

三軒茶屋駅交差点にて
散策開始

いちおうオレも記念撮影

散策開始
すずらん通り

駅を西に歩くとすぐに見えてくるのがここ、すずらん通り。

すずらん通り
すずらん通り

両脇にはレストランや居酒屋などが立ち並んでいる。

すずらん通り
駄菓子バー

中にはこんな変わったバーも。
その名も「さんちゃ駄菓子バー」
一度行ってみたい。

駄菓子バー
三茶パティオ

地下鉄の出口はファンシーなパティオにつながっている

三茶パティオ
三茶パティオ

パティオからはそのままキャロットタワーへ行くこともできる。
キャロットタワーはこちら。

キャロットタワー
キャロットタワー

三茶の歴史を描いた一枚。

三茶の歴史
三茶の歴史

お昼ごはんを食べようと歩いているとこんな素敵な食堂を見つけた。
ヨーロッパ食堂という。
入ろうと思ったけど昨日もパスタを食べた事を思い出しやっぱり思い直した。

ヨーロッパ食堂
ヨーロッパ食堂

結局さきほどのすずらん通りにあった四川料理屋に行くことにした。
中は思ったより遥かに広々として清潔感があふれる創りだ。
食事もオシャレな器に盛りつけてあり女性受けしそう。

四川料理屋にて
四川料理屋にて

キャロットタワーの脇には東急世田谷線の入り口がある。
東急世田谷線とは、三軒茶屋と下高井戸を結ぶ軌道線。
都電荒川線と共に都内に残る路面電車だ。

東急世田谷線
東急世田谷線

ホームはこの様な感じ

東急世田谷線
東急世田谷線

こちらは比較的新しいタイプの車両。
車両によってはさらにレトロな可愛らしいタイプのものもある。

東急世田谷線
東急世田谷線

さて、246を南に渡って三茶駅の南エリアへ
中身ににもオシャレな古着屋やカフェが立ち並ぶ。

中道
中道

商店街にでると個性的なお店がぎっしり。
アンティーク系のお店や、古着屋、靴屋など。

商店街
商店街

パン屋では外で実演販売をしていた。
こういうのも趣があっていとおかし。
ところで、「チェロキー」と書いてあるが、チェロキーでググっても車しか出てこなくて何だろう?と思っていたら、一般的にはチェルキーというらしい。こちらそのチェルキーを作っておりました。

チェルキー
チェルキー

少し奥まで行くとこんなところにヴィレッジヴァンガードまでありました。
僕の大好物。

ヴィレッジヴァンガード
ヴィレッジヴァンガード

更に枝道に入ると、なんとお茶漬けの専門店。

お茶漬け屋
お茶漬け屋

いろいろ裏路地にも入ってみると古い町並みや、廃れたスナックなどがところ狭しと並んでいました。

裏路地
裏路地

街の映画館。
こちらでは少し古い映画を上映しているよう。
昭和を思い出しますね。たまにはこんな映画館でゆっくり時間を過ごすのもよいかも。

三軒茶屋中央劇場
三軒茶屋中央劇場

さて、たくさん歩いてつかれたところでコーヒーブレイク
こちらのお店は本格コーヒーのお店「珈琲屋・伽羅 」

コーヒータイム
コーヒータイム

東京に残る昭和の匂いを少しかいま見られる街でした。
たまに来てまたブラブラしてみたいです。

でわでわ

「いいね」ご協力お願い致します!

LINEで送る
Pocket