リアル五十音(日本語を正しく分類する)

LINEで送る
Pocket

最近、英語や韓国語などを勉強していてふと思った事がある。
それは…

「日本語の五十音は分類がおかしい」

という事。
いまさら感はありますが…。

日本語の文字と発音を、これから英語を学ぶ日本人のため、
今まさに日本語をお勉強中の外国人の方のため

正しく分類し てみた。

五十音表はこ うあるべきだ!!!!!

日本語発音分類表(リアル五十音 – 既に50個ぢゃないw)

リアル五十音表
リアル五十音表

黄色い部分が日本固有の五十音です。

分類ポイント

1.日本語には子音のみで発音する文字が一 文字だけある
「ん」は日本語唯一の子音単体文字

2.日本語の同一行には複数の(誤った?)子音要素が混ざっている
「さ しすせそ」「し」のみ「sh」
「たちつてと」「ち」「ch」音 で、「つ」「ts」
「ざ じずぜぞ」「じ」「j」
「だぢづでど」「ぢ」「dts」音(「じ」とは異なると思われる)。 「づ」「z」音 (「ず」に同じ)

3.清音、濁音の文字は正確に対応していない
・文字を見ると 「は行」の濁音が「ば行」の様に見えるが実は「ぱ行」の濁音が「ば行」

4.旧字の音は区別して正確に発音すべし
「ゐ」「い」は 実は違う音
「ゑ」「え」は実は違う音

5.特定の母音で発音する場合のみ表現できなくなる子音がある
「f」音を「u」の母音で発音しようとすると文字表現できない
「w」音を「u」の母音で発音しようとすると文字表現できない

6.英語圏の子音でそもそも文字表現できない子音がある
「th」音は 日本語では文字表現で きない
「r」音は日 本語では文字表現でき ない

LINEで送る
Pocket

日本 ←→ Japan 何で?????

LINEで送る
Pocket

昔から日本はなんで英語で「Japan」なんだろうと思っていた。けど放置していた。

英語圏以外の外国人の友達と話すときでも英語を使っていたので、当然彼等が日本を指すときに「Japan」と呼んでいたわけだけど、長く付き合って いくと、例えば韓国人の友人から韓国語を学んでみたくなったりする物だ。で、
「韓国語で日本はなんて言うの?」
なんて聞くと
「イ ルボン いむにだ」
とかって教えてくれるわけだ。その時は、「へぇー、そうか元は漢字だから、音読みの発音が微妙に違うだけで「にっぽん」と似た 発音になるんだなぁー。」などと思っていた程度だったが、Japanの由来とは到底思えないし、漢字文化の近似くらいにしか思っていなかった。

最近になってタイ語を勉強し始めた僕ですが、先生が、
「タイ語で日本はJiipunn、だけど読むときは『イープン』と発音するんだYo」
と 教えてくださいました。

Jiipunn!!??

これって、「Japan」ではございませんか!!しかも読むときは「イープン」だってさ。これなんて韓国の「イルポン」とも通じちゃったりなんかし て。

そんなこんなで、我が国「ニッポン」が「Japan」になるまでの壮大なロマンの旅を追ってみたくなりました。世界を駆けた我らがニッポン!

扉を開けると、それは正に浪漫の旅路でした。
これが「ニッポン」が「ジャパン」へ変貌を遂げる旅路です。
すごいぞ「ニッポン」!!

シルクロードジパングへの旅
シルクロードジパングへの旅
番号 言語 発音
1 日本 日本語 ニッポン
2 韓国 韓国語 イルボン
3 中国 中国語 リーベン
4 ベトナム ベトナム語 ニャッ・バン
5 ラオス ラオス語 ニープン
6 カンボジア クメール語 イープン
7 タイ タイ語 イープン
8 ミャンマー ビルマ語 チャポンッ
9 バングラディシュ ベンガル語 ジャパネ
10 インド ヒンディー語 ジャパニ
11 イラン ファーシ ジャポン
12 トルコ トルコ語 ヂャポ
13 ギリシア ギリシア語 イアポニア
14 ボスニア ボスニア語 ヤパーヌ
15 イタリア語 イタリア語 ジャッポーネ
16 フランス フランス語 ジャポン
17 イギリス 英語 ジャパン

因みにギリシアと呼ぶのは日本だけらしい。実際英語では「Greece」だし、そもそもどっからギリシアになったのか皆目見当がつかないくらい違う。こう やって日本でも勝手にギリシアなどと名前をつけて勝手な呼び名で読んでいたりするのだった。思えば、「お国の言葉は日本語」で「お外の言葉は英語」と勝手 に決め付けてその二つだけで物を見ていた気がするけど、こう言うふうに各国の言葉がそれぞれに他の国の名前を勝手な呼び名で読んでいるんだなぁと思ふ今日 この頃でした。

LINEで送る
Pocket