Chirp サンフランシスコ

LINEで送る
Pocket

Twitter Developer Conference Chirp に参戦するため、遥々サンフランシスコ キャルフォルニャ に行って参りました。街は温かい太陽につつまれ、穏やかな気候に人々はチャリ、ローラーブレード、セグウェイなどで楽しんでいるようです。

残念ながら Chirp 初日には参加できなかったため、初日は軽く散歩してゴールデンゲートブリッジを見てきました。Woo yeah!

Golden gate bridge
Golden gate bridge

そして、Palace of Fine Arts Theater という場所を散策。 ちなみにここでChirpが行われております。

Palace of Fine Arts Theatre
Palace of Fine Arts Theatre

外観の美しさは圧巻。

んで、午後までホテルで寝てHack Dayに参戦。 Hack Dayはところ変わってHerbst Pavilion, Fort Mason Center なる場所。会場は世界中から集まった800人のギークでひしめき合っています。

Herbst Pavilion, Fort Mason Center
Herbst Pavilion, Fort Mason Center

Twitter, Inc. のメンバーの紹介も受けまして、

Twitter , Inc. のメンバー
Twitter , Inc. のメンバー

とってもエイキサイティンGoo。

ま、遊んでばかりはいられない。これは出張なのです。Twitterから最新の情報共有を受けたらその場でせっせこデモの作成。

Hacking
Hacking

まあ、これが翌日まで24時間続き、無事 Chirpは幕を閉じました。

翌日は、Twitter, Inc. のオフィスに案内して頂きました。

Twitter, Inc. Office
Twitter, Inc. Office

とても広く、清潔でオサレなオフィスでした。開発者むけの設備は完備され、200人規模のつぶぞろいの技術陣が厚い層でもってサポート。さすが、世界最前線の開発現場。社員の働きやすさにも配慮し、食事は時間になれば無料で食堂にて配給される。Googleもそうだけど、利益を度外視した純粋なプロダクト生産の現場とはこういうあり方なのでしょう。

さて、やっとこさの街観光。

ケーブルカーは文化遺産として保護されています。とても乗り心地はわるいけど、まあおもしろい体験

Cable Car
Cable Car

そして、サンフランシスコの最大の名所はここ、

ユニオンスクエア

ユニオンスクエア
ユニオンスクエア

んでもって、フィッシャーマンズウォーフの近くに、オットセイだかなんだかを発見。

Sea Lion
Sea Lion

そして、言わずとしれた、難攻不落の監獄、アルカトラズ

アルカトラズ
アルカトラズ

んで、サンフランシスコの夜景を一望するツインピークスに連れて行ってもらいまちた。

ツインピークス
ツインピークス

遠方に望はベイブリッジです。

ツインピークスでは、メヒコからいらっしゃったジャンキーさんたちに会いました。

ジャンキーさんたちは、「ウキャキャ」と異様なハイテンションではしゃぎ、僕らに「どこからきたん?」とか「写真とってやるよ」とか妙にからみたがり。

手から何か落としたかと思ったら、「まて!!踏むな!!」とか言って地面に落ちた何かを拾う。

「エクスタシー。高いんだにょ。これ、デヘヘ」と落し物を見つけてご満悦。

とってもに楽しそうでした。

そんなこんなのサンフランシスコ遠征でした。

LINEで送る
Pocket

ESTA申請完了

LINEで送る
Pocket

4/14からUSで行われる Official Twitter Developer Conference “Chirp” に参加させていただける事になりました。 楽しみ半分、不安半分で期待に胸を躍らせております。とってもありがたい事です。

さてさて、そんなわけで、最近ではアメリカ合衆国に入国するために、事前に登録申請をする必要があるわけです。 そう、ESTAです。

ああ、まんどくさい

というわけで、パスポートを用意して早速登録。

注):今アメリカに入国するためには、最低90日以上を残したパスポートが必要です。

例えば、まだ60日くらい残っているパスポートを持っていて、3日くらいしか滞在しないとしても、改めてパスポート取得をする必要があります。

まあ、なんて Fudgeなシステムなんでしょう。

僕の場合幸い今年9月までのパスポートだったため、このまま行けそうです。

(ってか結構あぶなかった。)

ではさっそくESTAの申請をして見ましょう。

お申込みはこちらのサイトから、 https://esta.cbp.dhs.gov/esta/esta.html

まずは、皆様がまだ申請していない場合は、左側のしたの「apply」から進みましょう。

ESTA 申込み

そして、次の画面で、つべこべ言わずに、アメリカ様のいう事を聞いて「Yes!!」にチェック。

ESTA 規約

個人情報を英語で登録しましょう。 日本語で登録しちゃダメよ。

ステイ場所等、本入力を参考にして。

あ、そうそう、ドラッグ持込などはあきらめて「No」としておくのが無難です

最後に2つチェックボックスがありますが、1つ目は本人が入力した時に「内容をちゃんと理解したよね?」って奴で、2つ目は、第三者が代理で申請したときの「ちゃんと本人に確認させたよね?」ってチェックです。なので、自分でやる場合は、1つめだけチェックでオキードキー。

ESTA ステップ1
ESTA ステップ1

ステップ2では、入力内容の確認だけなので、スキップ。

ステップ3は「Application Number」というのをふってもらえるので、きちんとメモっておきましょう。

ESTA ステップ3
ESTA ステップ3

で、最後に「Authorization Approved」と出ればオッケーです。

これであなたも晴れてアメリカ合衆国への入国を許可されました。

ESTA ステップ4
ESTA ステップ4

とはいえ、最後の入国チェックは税関の先生方が行いますので、ちょんまげ付けて現地に向かったり、ふんどし付けて、「にっぽんの魂じゃ!」とか言って飛行機に乗るのは先生方のお気に障って入国拒否される可能性があるので控えましょう。

ところで、最後にESTA申請について、こんなサイトを発見しました。

http://shop.viewgrant.com/

何という事だ!! ΣΣ( ̄□ ̄;)

こんな簡単なペラ一枚入力フォームを代行するという、代行に1500ジャパニーズ円もぶんだくるというのか!!

なんでも商売になるんだなぁ。

誰か。僕が代わりに500円でESTA入力引き受けますよ(笑)

ウソ。

LINEで送る
Pocket

2010年花見

LINEで送る
Pocket

昨日2010年4月3日(土曜日)。今年も相変わらずお花見に行ってきました。場所は相変わらず代々木公園。2008年は3回くらい代々木公園で花見をした気がするが、今年もこれで2回目。メンバーはいつもの通りでごちゃごちゃ。いろんな知り合いがそれぞれお互いにつながっていくのは楽しいす。

さてさて、時刻は12時頃から始まって、6時くらいまでいましたが、問題はトイレ。何せお酒を飲んでいるので、すぐおちっこが出そうになるのですが、トイレの行列が以上だす。初めに行った仮設トイレは男女共用だったので行列に女性も混じっていて余計遅い。40分~50分は待ってようやく用をたす事ができましたが、本気で今日は漏らしたと思いました

ちなみに、参加メンバーは大抵トイレに立っていたため、入れ替わり立ち替わりで、消えては新しい顔があらわれての繰り返しでした。いやはや、30歳を超えてお漏らししなくてよかったです。

LINEで送る
Pocket