愛知県離島の日間賀島に行ってきた

LINEで送る
Pocket

2011年8月13日。愛知県の離島「日間賀島」に行ってきた。

日間賀島とは、中部国際空港セントレアのある知多半島と、愛知県南部の渥美半島のそれぞれの先端を結ぶ中心にある愛知の離島最大の観光リゾートなのだ。

↓↓↓日間賀島はここ↓↓↓

大きな地図で見る

日間賀島へは知多半島先端の岬「師崎港」から高速船でたったの10分。反対の渥美半島先端「伊良湖岬」からも高速船でわずか30分で付くお手軽アクセス。
しかし、それぞれ師崎や伊良湖までの道のりが意外と遠いという罠がある。

師崎までのアクセスは名古屋からなら名古屋高速でずっといくだけ。三河地方からであれば、東海市から産業道路に入るような大回りはせずに、碧南から衣浦トンネルを使って行くのが便利です。衣浦トンネルは有料だけど、たったの250円だから少しでも早く師崎に到着するために活用していこう。

豊丘インターを降りて少し行くと、途中「師崎臨時駐車場。無料送迎バスあります。」という看板がでてきます。さらに10分ほど走るとようやく師崎へ。師崎について見ると、午前10時半頃にもかかわらず駐車場は満車の模様。狭い師崎港の駐車場で警備員が「ここで待ってても時間かかっちゃうから戻ってもらって臨時駐車場に行ってもらった方がいいよ。無料の送迎バスが出てるから。はい地図」と渡された。

なるほど、そのための臨時駐車場か。
しかし前の車は駐車場が空くのを待っている様だ。オレも今からこの駐車渋滞を抜けだして戻って臨時駐車場にいって、1時間2本程度の無料送迎バス待って、とどうもめんどくさそうなので結局師崎の立体駐車場が空くのを待つ。警備員のおっちゃんを完全無視だぜ。で、待つこと20分くらいで以外にすぐ駐車場に入ることができたというオチ。臨時駐車場まで戻らなくてよかった

日間賀島までは名鉄海上の観光船で行く。

日間賀島へは名鉄海上観光船で行く
日間賀島へは名鉄海上観光船で行く

日間賀島東港行き西港行きがあり時間的に都合の良い方に乗ってしまって構わないと思う。(島は小さいのだ。)
オレは東港に行く予定だったが渋滞で時間がずれ次の船に乗る事にしたので西港行きで行くことにした。

知多半島先端の師崎からは高速船でわずか10分だ
知多半島先端の師崎からは高速船でわずか10分だ

知多半島から日間賀島は目と鼻の先。たったの10分で到着します。

船から望む日間賀島
船から望む日間賀島

船から望む日間賀島。自然豊かな島というより観光リゾートとなっている。

日間賀島西港に到着
日間賀島西港に到着

はい。つきました。日間賀島西港。

プロモーションはHMK
プロモーションはHMK

島のプロモーションでオリジナルロゴやなんとおみやげ屋ではオリジナルソングまで流れている。HiMaKaで、HMKのロゴの下に、「Hot More Kind」
全く意味が分からない。英語出来る人に聞いてからキャッチフレーズ決めればよかったのに・・・

港を出るとこんな感じ
港を出るとこんな感じ

島の周りは観光様にお店や食堂、旅館があり、少し入ると民家が立ち並ぶ。

日間賀島はタコで有名なのだ
日間賀島はタコで有名なのだ

日間賀島の名物といえば、タコ!あと時期が違うみたいだけどフグ。

タコの天日干しがこの通り
タコの天日干しがこの通り

「ひっぱりダコ」の語源になったと言われる日間賀島秋の風物詩「干しダコ」が潮風に揺れています。

こちらの食堂で腹ごしらえ
こちらの食堂で腹ごしらえ

すっかりお腹が空いたので、お食事処で一休み。
ここの店主のおばぁちゃんがおもしろくって、お会計の時に「はい。1,500円だそうです。」とお客さんに請求。
「だそうです。」って。。。汗

新鮮なたこブツだよ
新鮮なたこブツだよ

もちろんこれ。タコのブツ切り。たこブツ
新鮮でプリプリおいしいずら。

こちらはタコカレー。見た目は普通
こちらはタコカレー。見た目は普通

こちらはタコカレー。見た目は全く普通のカレー。タコが入っています。

西港で出迎えてくれるタコ。右手を上げているよ。
西港で出迎えてくれるタコ。右手を上げているよ。

西港では右手を上げたタコが歓迎してくれるよ。

目の前には島の西を望むサンセットビーチだ
目の前には島の西を望むサンセットビーチだ

そして島の西を望むのがサンセットビーチ。海の底はわかめでいっぱい。踏み心地が若干気持ち悪かった(笑)
実は泳ぎましたがちょっと既にクラゲさんがおりまして怖かった。子供は無邪気に「くらげだーー!」といって投げていました。刺されないのかな・・・?
遊泳場所のすぐ横では、なんとイルカと遊べるビーチがあり陸ぎりぎりまでイルカが寄ってくるのだ。

サンセットビーチ眼の前の旅館おとは
サンセットビーチ眼の前の旅館おとは

海に入る時に残念ながらロッカーや海の家はありません。更衣室だけありますが狭くて汚い感じ。2人で来ていたので荷物も心配。
ふと見るとすぐ脇に旅館があるじゃないですか。旅館の人に「荷物あずかってもらえますかー」と頼んでみたら、1000円で荷物預かりとシャワーを貸してくれるとの事。とっても助かりますた。ありがとう「おとは」さん。しかも慣れた感じでこういうのは僕達だけじゃないみたい。よい商売してます。

レンタサイクルはここ「スナックいこい」??
レンタサイクルはここ「スナックいこい」??

海を上がったら今度は島をサイクリングするのだ。レンタサイクルを探していると、ありました。こちら、「スナックいこい」。あれ?スナック?
そうなんです。こちらスナックいこいさんがレンタサイクルを提供しているのです。
強面のおっちゃんが自転車を貸してくれます。1時間500円。安いす。

レンタサイクル
レンタサイクル

さあ、出発。島を自転車で一周しよう!

自転車で島を回るのだ。
自転車で島を回るのだ。

途中潮風にあたりリフレッシュ。

三河湾の潮風を浴びる
三河湾の潮風を浴びる

寄り道をして高台へ。鬼の栖(おにのすみか)というギャラリーがこのへんにあります。
ついでに小学校と中学校もあったりなんかして。

島一番の高台から太平洋を展望
島一番の高台から太平洋を展望

高台からは太平洋を望むことができます!

日間賀島東港で出迎えてくれるタコ。左手を上げているよ
日間賀島東港で出迎えてくれるタコ。左手を上げているよ

島の裏側、東港につきました。いろいろ寄り道したので時間がかかってしまったけど、島の反対までは寄り道なしならたぶん7分くらいでついてしまいます!近い。
東港で出迎えてくれるタコは左手をあげているよ。

島の東海岸に面したサンライズビーチ
島の東海岸に面したサンライズビーチ

そしてコチラ側にもちゃんとビーチがあるのです。こちらは東に面したサンライズビーチ。子供が遊べるキッズアドベンチャーという場所もありました。

ハイジのブランコだよ
ハイジのブランコだよ

島の東の果てにはちょっとした高台があり、そこには海に向かって飛び出せそうなハイジのブランコがあるよ。
ここに来る方は樹の枝から降りた丸太のブランコで癒されてください。

オレもやってみた
オレもやってみた

ちょっとやってみた。

民家には猫がのんびりお昼寝してました。
民家には猫がのんびりお昼寝してました。

島の内部は民家でびっしり。ニャンコが気持ちよさそうにゴロゴロしてました。

日間賀のお土産に買ってきたのは、こちら。日間賀島生酒。

日間賀の生酒だよ
日間賀の生酒だよ

名古屋からも三河からも意外とアクセスのよい近場のリゾート。ご興味があれば言ってみてください。
あ、でも日帰りだとちょっときつかったかな。 一泊でちょーーーのんびりするならリフレッシュできるはず。

LINEで送る
Pocket

2011隅田川花火大会が美しく撮れた

LINEで送る
Pocket

今年も毎年恒例の隅田川花火大会に行ってきた。
今年は第一会場を曳舟駅近くの6号線沿いから見物することにした。
今年は撮影方法を工夫してマニュアル調整で撮影してみた。

綺麗にとれたのでアップしておこう。

 

LINEで送る
Pocket