大根を育てる

LINEで送る
Pocket

大根の成長
大根の成長

前にもやったけど、また大根を育ててみた。
前は記録をとるのが遅れて途中からしか写真を残せなかったから、今回は初日から毎日記録に残してみる。

はい。初日

10月5日
10月5日

2日目。なんだか茎の切り口が広がった気がする。

10月6日
10月6日

3日目。何やら真ん中からでてきたよ。周りの茎の切れ端は腐って落ちちゃったみたい。

10月7日
10月7日

4日目。はい。古い茎はすっかりなくなって新しい目がにょきっと出てきたよ。

10月8日
10月8日

5日目。

10月9日
10月9日

6日目。新芽に既に葉が付いているね。

10月10日
10月10日

7日目。一気に伸びる速度があがったみたい。

10月11日
10月11日

8日目。だいぶ長くなって来ました。

10月12日
10月12日

9日目。

10月13日
10月13日

10日目。ずいぶん立派になりました。

10月14日
10月14日

11日目。

10月15日
10月15日

12日目。根も葉も切って頭だけの大根が水だけを栄養にこんなに立派に育ちました!

10月16日
10月16日

たった12日で立派な葉がでました。このあと刻んで美味しく頂きましたよ!

 

 

LINEで送る
Pocket

大根の葉っぱは伸びる伸びる。

LINEで送る
Pocket

とあるテレビでやっていたネタを実践。

大根を切った後、頭を捨てずに水に付けておくだけでにょきにょきと葉っぱが育っていくのです。

その生命力は大変強く、あっという間に高さ20cmを超えます。

栄養分は水のみ。H2OCO2だけで有機物である細胞を次々に増殖させていく機構は美しす。

ニョキニョキ伸びた葉っぱはフリカケにしたりパスタに入れたりして美味しく頂いちゃいましょう

さて、その生命力を写真で見てみましょう。

こちらが、昨日の夜寝る前に撮影した大根ちゃん。

大根ちゃん。(寝る前撮影)
大根ちゃん。(寝る前撮影)

後ろの白い壁に縦に伸びた汚れが見えると思います。葉っぱの先端はだいたい汚れの上部と同じ位置にいます。

これを基準に次の写真を見てみましょう。こちらは今朝起きてすぐ撮影した物。

大根ちゃん。(起床後撮影)
大根ちゃん。(起床後撮影)

たった6時間かそこらでこれ3cm以上は伸びています

すごい速さ。毎日大根の葉っぱの上をジャンプしていればいずれ忍者の様に高く飛べる事まちがいなし。

LINEで送る
Pocket

オバマ氏「正義は行われた」!???

LINEで送る
Pocket

世界に闇が迫っている。

世界最大の大国の長がこうなっては。
2年前の就任時に世界は変わるかもしれないかと淡い期待もしたものだが。
自体はそう単純ではない。

詳しくは世界同時多発テロの検証をご覧ください。→→→ 911を物理的に検証する

LINEで送る
Pocket

911を物理学的に検証する

LINEで送る
Pocket

911は科学的に物理的に理にかなっていない

既にご存知の方が多い中、この犯罪を今更取り上げるのも気恥ずかしいがあえて。
上記とは裏腹に、最近友人との会話の中でマスコミの発表を盲目的に信じている人も未だにたくさんいる事がわかり驚いている。

2001年9月11日に起こったアメリカ同時多発テロについては科学的に検証された多くの不審な点が見つかっている
Eric Hufschmid氏が分かりやすく説明している動画があるので、本記事に転載している。
また、英語がわからない方のために英語の原文(聞き取って書いたので間違っていたら教えてください。)と下には日本語訳も載せておく

物理学に反する事実

    1.ビル崩壊時の噴煙が計算された様に全方位同時に正確に吹き出している
    2.500mのビル崩壊がたったの9秒。これは自由落下と同じ速度である。
    3.火災で崩壊したとの公式発表だが、過去に火災で崩壊したビルは世界中に例がない
    4.マドリードの大火災は一晩燃え続けたがビルは崩壊せず鉄骨は残った
    5.崩壊したビルの下に溶解したアルミが見つかった。(火災の温度ではその温度まで上昇しないため爆薬によると考えられる)
    6.飛行機の激突を受けていない第7ビルがツインタワーの数時間後に突然崩壊している。

他のビデオや資料にはもっといろいろ不思議な点を指摘している物も多数そんざいする。
これだけの証拠を残しながらアメリカ政府のみならず、世界の各国、マスコミが完全に抱き込まれている事の恐ろしさをそろそろ実感できたであろうか?


911 Are the criminals frightened ? VO ST FR 投稿者 fab2609

以下は本動画のナレーション原文

Are The Criminals Frightened?

Everybody has seen photos of the attack of Sep.11th.
These photos make it appear as if a few Arabs attack to America.
And that the air plain crashes ended the fires caused the building collapse
However, when we take close look it how the buildings collapsed.
We can see evidence that explosives were used.
For example, dust shot out of a few windows far below the collapsing area.

This dust is caused by extremely high pressure, but it comes out of only a few windows.
It is a couple of hundred feet below the collapsing area.
When we look closely at the are that is collapsing, we find dust shooting out of every window of the entire floor at the same time.
The towers had a steel frame, so the only way they could collapse in such a symmetrical manner is if
thousands of joints were broken simultaneously.

The towers collapsed in less than ten seconds.
Which is an average of ten floors every second.

Next time you see a ten story building imagine the eintire building collapsing in 1 second.
The only buildings that collapse this quickly are the ones destroyed with explosives

We were told that the collapse began when one floor broke and the pieces fell to the floor below it.
Those pieces shattered that floor, and so on, all the way down.
However, when the pieces hit the floor below, they were slowed down slightly, because some of their energy would be used to break the floor.
Therefore, there should be a delay, evey time the pieces hit a floor.

The towers had a hundred and ten floors, so if it took one second for each floor to be crashed,
that would be a hundred and ten seconds.
However, the seismic data show that the structure of the north tower broke apart in an only 8.4 seconds.

The collaps started at about the 94th floor.
If you would drop a rock from a 94th floor, it would hit a ground at about 8.4 seconds later.
This means that the building broke apart as fast as objects fall through the air.
How can debris crash through steel and concrete floors as fast as they fall through the air?

There is only one explanation, explosives were placed in those buildings before the attack.
The north tower started to collapse when the explosives near the 94th floor were detonated.
The explosives were timed, so that the joins were shattered, before the level contacted floor below it.
In other word, the building broke apart in only 8.4 seconds, because explosives,
not falling debris broke the joints.

We were told that fire caused the towers to collapse.
But no large building has ever collapse from a fire.

This 32 story skyscraper in Madrid, Spain is a good example.
The fire became so intense that it spread one floor to the next,
causing the building to look like a torch.
This fire was much larger than the fires at the world trade center.
The next morning, there were still a few fires in a lower floors.
Everything inside the building had been burned.
Some section of the building broke a few portions at the top of the building collapsed.
However the building remained standing.
And it contenued to support a large construction crane at the top.

By comparison, the fire in the south tower was so small that it never spread to the other side of the tower.
This inability to spread is proof that the fire was small.
Farther more, we know the fireman maded up to the fire zones of both towers.
Because they used their hand held radios to send report of their alival.
The fires were too small to kill fireman, so how could they be large enough to cause the south tower to disintegrate after burning for only 56 minutes?

The fire in Madrid was much more intense.
And it burned all night.
But it did not cause the building to collapse.

Scientists created this temperature map of the level five days after the collapse.
Obviously, the level would be cooler after 5 days.
Also, firemen sprayed water on the level during those 5 days.
However one location in the level at building 7 was above the melting poiont of aluminum.
And so was one location in the level of the south tower
How can a building fall down and five days later, in pieces hot enough to melt aluminum?

The presidents of two different companies that were cleaning up the area said
that steel had melted at the bottom at the basements in the towers and building 7.
These incredible temperatures are more evidence that explosives were used

The collapse of building 7 provides more evidence of explosives.
This was a 47 story building with the steel frame.
It was not hit by an air plane.
It was across the street from the towers.
Lately afternoon, this building collapsed.

The government investigated the collapse of this building.
After 7 months of investigating, their conclusion was, they have no idea why the building collapsed.
A few months later, the landlord of the building, Larry Silverstein, announced on television
the the fire department demolished the building.
The government and the news reporters should have demanded both Silverstein and the fire department,
explain what happened to the building 7.
But nobody asked any questions.

The collapse of building 7 is identical to the collapse of buildings that are broat down with explosives.
The explosives shatter the joints that are holding building together.
And the building falls down at free-fall speed.
Dust is produced at the base of the building.

There is a tremendous amount of evidence that the government created the Sep.11th. attack.
We could spend days discussing all of it.

My accusation at the tower is demolished with explosives is based on scientific fact.
And you cannot disagree with it.
For example, pieces of a building cannot crash through steel and concrete floors as fast as they fall through the air.
The fact that the frames of those towers broke apart in ten seconds is proof that explosives broke the joints.

Building 7 also collapsed in a manner they can only be explained with explosives.
This is what a government says they do not know why building 7 collapsed

Anybody who looks at this evidence and continues to insist that fires caused to the building to collapsed is simplly having a difficult time facing a possibility that a government could comit such a crime.

One reason it’s difficult to believe that the government created the Sep. 11th attack
is because none of the major news agency are talking about it.
Some reporters refused to talk about explosives, because they are afraid to expose government crimes.
Another reason for the silence is at the television, news papers and magazines in America and Europe are
controlled by a small number of people these people suppress evidence of the explosives,
and they suppress people who come forward to support us.
Such as the physics professer at Brigham young University.

Instead of reporting evidence of explosives, they show us photos of Osama bin Ladin.
This creates anger towards Arabs.
And it fools people into a thinking the Arabs are responsible for the attack.
The news agencys are trying to manipulate emotions, not provide serious information.

Almost every reporter ignors or ridicules those of us who show evidence of explosive in the towers.
Already three different television networks have criticized us.
These television programs do not provide serious information to count our arguements.
Instead, they use insults to make people laugh at us.
Here is how Penn & Teller introduced Jimmy Walter.

xxxxx this asshole.
xxxxx way too soft.
let me try that again
the xxxxxx this asshole.

My book has been available since 2002.
But it was ignored by the magazines and television shows until Jimmy Walter began advertising it.
This is a portion of one of this full page news paper ads.
Here is how Penn & Teller discribe my book.

He wrote a book called Painful Questions an analysis of the September 11th attack.
he show me the cover because he ever see anyone caring it
push them down the fly to stairs

popular mechanics refers to us as liars.
The angry in childish attacks on Jimmy Walter and me could be a signe that the criminals are frightened that we are exposing them.

However when a criminals trys to cover up his crime he runs the risk of releasin more information about themselves.
These televisions shows and magazins can help us understand who is behind this September 11th attack.
And how did they get away with these crimes.

The exectives of major television networks, news papers and magazines are involved these crimes.
they cover up the crimes by suppressing important information and by insulting those of us who expose the crimes.
The news agencies that ignored or insult us or identifying themselves as either being incompetent news agencies or as a members of a criminal network.

In either case, you should not purchase their news papers, magazines or television programs.
We could use our technology to build beautiful cities for ourselves with advanced train systems.
But we need better governments and better news reporters.

We must also prevent the criminals from getting controle of the 911’s organizations.
I will give you an example.
I had been invited to speak at a meeting about 911 in March 2004 in San Francisco.
However a week before the meeting I was told that I was not allowed to speak.
They did not explain why I could not speak.
The criminals are trying to get control of the 911 organizations,
so that they remove people like me.
They fool you into thinking they run your side.
They are trying to put all the brame on president Bush or Dick Cheney.
They want to suppress the evidence that lots of people from several nations are involved.
Such as us military officials, televition exectives and same as really in british government officials
People often respond when they can’t do anything about this collapsion,
because they are just an ordinally person of no important.

But everybody can help make this world to better place.
Symplly by showing our books, videos and web sides to your friends.
So help us educate and encourage people.
Let’s make this a better world.

以下は本動画のナレーション日本語訳

犯罪者たちは恐れている?

皆911テロの写真は見たことあるよね。
これらの写真はいかにもアラブ諸国によるアメリカへの攻撃の様にみえる。
そして飛行機の追突による火災がビルの崩壊につながったと。
しかし、どのようにビルが崩壊したのかをよく見ていくと、爆発物が使われた事がわかってくる。
例えば、崩壊位置のはるか下では数少ない窓から噴煙が急激に噴き出している。 これは信じられないほどの高圧に耐えかねて噴き出しているのだが、ほんの一部の窓からしか噴き出していないのがわかる。

これは崩壊の進む位置のはるか数百メートル下の窓の事だ
。 では、崩壊の進む位置を見てみると、粉塵がフロアの全ての窓からそれも一斉に噴き出しているのがわかる。
ビルは鉄筋のフレームを持ち、それゆえにこんなふうに左右対称に綺麗に壊れていくのは数千ものジョイントが全く同時に破壊された場合だけだろう。

ビルはわずか10秒以内で崩壊した。
つまり1秒間平均10フロアのスピードだ。

もし10階建てのビルを見る機会があればそれが1秒で崩壊する姿を思い描いてください。
そんな事が起こる可能性が考えられるたった一つの答えは爆薬による破壊です。

我々はフロアが落ちてそれが崩壊につながったと聞かされている。
これらのフロアは次々に下のフロアを壊して行ったと。
だが、フロアが下のフロアにあたった時にそれを壊すのにエネルギーが費やされるため、崩壊の速度は落ちるはずだ。
だから、フロアが下の階にあたった時に毎回遅延が発生しなければならない。

ビルは110階だてなので、例えば1フロアの崩壊に1秒かかったとしたら、
110秒かかるはずである。
だが、地震計のデータは北ビルの崩壊にはたった8.4秒しかかかっていない事を示している。

崩壊は94階付近で始まっている。
もし石ころを94階から落としたら、それは8.4秒後に地面に落ちる。
つまり、ビルは物が空気中を落下するのと同等の速さで崩壊しているのだ。
どうやったら瓦礫が鉄筋のコンクリートフロアを突き破って自由落下と同じ速度で落ちていくというのか。

答えはこれだ。爆薬が事前にビルに仕掛けられていたのだ。
北ビルの崩壊は94階付近の爆薬の爆破から始まっている。
爆薬には時限装置が仕掛けられており、ビルの接合部分はフロアが下の階に当たる前に粉砕されているのだ。
言いかえれば、ビルは爆薬によって8.4秒で崩壊したという事。
崩落する瓦礫が接合を壊していったんじゃない。

火災が崩壊を招いたとも伝えられているが、
高層ビルが火災で崩壊したという事例はない。

スペインのマドリッドにあるの32階建ての高層ビルが良い例だろう。
火災で炎が極めて大きくなり各階に広がっていった。
それゆえビルはまるでタイマツの様に燃え盛った。
この火災はワールドトレードセンターの物よりもはるかに大きな火災だ。
次の朝、下層の階にはいまだに炎がくすぶっていた。
ビルの中の物はすべて燃え尽きていた。
ビルのいくつかの場所も壊れビルの上部も崩壊していた。
しかし、ビルはまだ立派に立っていたのだ。
そして屋上の巨大なクレーン車を支え続けていたのだ。

一方、ワールドトレードセンター南ビル炎は極めて小さく、ビルの外には全く吹き出していない。
この広がりのなさが炎の小ささを物語っている。
それに、この時消防士たちが両塔の火災現場までたどり着いていたことが分かっている。
彼等は生存確認のためにトランシーバーを持っていたからだ。
炎は消防士を殺すほどでもなかったのに、どうやったらたった56分後にビルを崩壊させる程大きくなるのだろうか。

マドリッドの炎はそれよりもはるかに大きかった。
そして、一晩中燃え盛った。
しかし、ビルの崩壊にはつながらなかったのだ。

科学者がこの温度マップを崩壊の5日後に作成した。
間違いなく、温度は5日後には低くなっているはずだ。
そして、消防士はこの5日間水をまき続けているのだ。
しかし、第7ビル付近の温度はアルミの溶解温度を超える程高かった。
南ビルのあたりも同様だ。
どうやったらビルが崩壊して5日も後に欠片がアルミの溶解温度を超えるだろう?

後片付けをした2社の社長がそれぞれこう言っている。
第7ビルの底の部分では鉄が溶けていた。
この信じられない程の高温は爆薬が使われた証拠なのだ。

第7ビルの崩壊はさらなる爆薬の証拠となる。
これは47階建ての鉄筋のフレームを持つ建造物だ。
それにこれは飛行機の激突をされていない。
そしてそれは崩壊した二つの塔から道路をはさんで立っている。
午後遅くにこのビルは、同様に倒壊した。

政府はこの倒壊について調査した。
7か月の後彼等の回答は、なぜビルが倒壊したのか皆目見当がつかない、である。
数ヶ月後ビルの支配人ラリー・シルバーステインはテレビで消防署がビルを倒壊させたと語っている。
政府、ニュースリポーター共にこれについてシルバーステインと消防署に第7ビルに関する説明を追求すべきである。
だが、だれも何の質問もしないのである。

第7ビルの倒壊は爆薬でのビル倒壊と全く同質のものである。
爆薬がビルを支える結合を一時に粉砕するのだ。
そしてビルは自由落下の速度で倒壊する。
粉じんは底の方で発生する。

そこには政府が911攻撃を自作したという相当の証拠があるのだ。
数日間話しても尽きないほどに。

僕の告発、塔は爆薬によって破壊されたというものは物理学に基づいている。
そのため、否定はできない事実なのだ。
例えば、ビルの破片は空中落下と同じ速度では鉄筋コンクリートを突き破って落ちられない。
これらフレームが10秒以下で破壊された事実が接合を壊すのに爆薬が使われた証拠だ。

第7ビルの画一的な倒壊も爆薬によってのみ説明がつく。
これが、政府の言う、なぜ第7ビルが壊れたか分からない、の答えだ。

これらの証拠を見た人々がいまだ火災によるビルの倒壊を示唆する理由は単純に、
政府がこんな犯罪を犯す可能性に向きあう事への抵抗を感じているからだ。

政府が911を自作した事を信じるのを拒む原因の一つには、どの主要機関もこれを取り上げない事である。
リポーターたちは政府の犯罪を暴露する事をおそれ爆発物について語ることをこばむ。
テレビが沈黙する他の理由としては、アメリカやヨーロッパの新聞や雑誌ほんの一握りの人間にコントロールされており、我々をサポートしてくれるブリングハムヤン大学の物理学教授や、爆発物による証拠に圧力をかけて押さえ込んでいるからだ。

LINEで送る
Pocket

福島大学放射線計測チームによる放射能分布の怪

LINEで送る
Pocket

福島大学の放射線計測チームが3月11日に発生した大地震の影響による福島原発の放射能漏れによる放射線量率の測定結果を発表した

実際に放射線量率を見てみよう。

図のプラスマーク(+)部が福島原発の位置であり、黒い等高線のような模様が放射線濃度の分布である。

空間放射線量率測定結果
空間放射線量率測定結果

原発を中心として放射線の濃度が広がっているのかと想像していましたが、どうやら違うようですね。

なにやら不思議な分布をしています。原発よりはるか20kmも北西に分布の中心があります

見づらいので、もうちょっと見やすくマップを加工しましたので、下記を見てみましょう。

放射線の中心を見易くした
放射線の中心を見易くした

赤丸が放射線濃度の中心です。

ちょうど何かの国道の真上のようですね。国道114号沿いの様です。

このあたりは富岡街道と呼ばれる道です。

Googleの航空写真で詳しく見ていきましょう。

Google航空写真で放射線濃度の中心を見る
Google航空写真で放射線濃度の中心を見る

ほとんど山奥の何も無い地域、かと思いきや、おや?道沿いに何か見えますね

赤丸の部分に見える何かがちょうど放射線濃度の中心辺りになりますが。

見づらいので拡大してみましょう。

小屋のような何かがあります。
小屋のような何かがあります。

なにやら小屋のような施設があります

こんな山奥になんでしょうか。

こんな何も無い土地にポツリとたつ施設に放射線濃度の中心がありました。

危険ですね。この施設大丈夫なんでしょうか。

 

LINEで送る
Pocket

免震構造

LINEで送る
Pocket

本日4月11日午後5時16分ごろ、福島を震源とする最大震度6弱の地震が発生

いつまでたっても余震がとまらない。

地震発生中にオフィスのガラス窓フレームを手で触っていて気がついた免震構造について。

フレームがセンター部分で2つのパーツに別れており、左右のパーツが地震の横揺れに対して力を逃がす形で上下していることがわかった。

例えば、ビルが右に振れた時には、フレームの右が上に上がり、左が下に下がる。

ビルが左に振れた時には、フレームの左が上がり、右が下がるといった具合。

実際のフレームはこれ。

免震構造のビルの窓枠
免震構造のビルの窓枠

左右が交互に上下運動して、力を逃がしているのがわかった。

すごいけどちょっと怖い。なぜならここを堺にビルが二つに分解しそうな感覚に襲われるから。

 

 

LINEで送る
Pocket

ツイッターでお友達を作るには

LINEで送る
Pocket

私事ですが、ツイナビというサイトを作っております。

こんな奴

「ツイッター始めたけど仲間が見つからない」

とか、

「誰をフォローしていいかわかんない」

とか言った声をよく聞きますので、ツイナビの中のツリーというコンテンツを紹介したいと思います。

ツリーで写真カテゴリを検索してみた
ツリーで写真カテゴリを検索してみた

ツリーで写真キーワードを検索してみました。

写真に興味のある人が1696人もいましたね。

気になる人がいたらフォローしてみましょう!

因みに、ツリーで僕(@euonymus)

開発, 写真, 一眼レフ, イラスト, 絵, ギター, 旅行, 語学, 英語, 韓国語

などを登録しています。

僕と同じキーワードを3つ以上登録している人を抽出してみたらこんなにいらっしゃいました!

@totoro0614 さん: [写真][一眼レフ][旅行][英語]
@chieko0601 さん:[旅行][語学][英語]
@The_Hirox_666 さん:[写真][ギター][旅行]
@maria_wisteria さん:[旅行][語学][英語]
@youkub さん:[写真][旅行][英語]
@GUNz7099 さん:[写真][絵][旅行]
@dahyechoice さん:[旅行][英語][韓国語]
@azuma_ya さん:[写真][イラスト][絵]
@maidabaayo さん:[写真][絵][旅行]
@yukko_13 さん:[旅行][英語][韓国語]
@ko_shu さん:[写真][旅行][英語]
@ulysses43 さん:[写真][旅行][英語]
@chuxon さん:[写真][旅行][英語]
@mittaron さん:[絵][旅行][英語]
@mumimy さん:[写真][一眼レフ][旅行]
@shino100930 さん:[旅行][英語][韓国語]
@hige3higetarou さん:[イラスト][絵][ギター]
@kinazo1213 さん:[旅行][語学][英語]
@halu0326 さん:[写真][絵][旅行]
@nordnord さん:[写真][旅行][語学]

これだけ興味が一致すれば意外な運命の出会いがあるかもしれませんね。
ぜひ試してみてください。

LINEで送る
Pocket

カナディアン 25セントコイン

LINEで送る
Pocket

カナディアン 25セントコイン

昔のブログを閉鎖したので記事を移転しました。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

カナダのコインはいろいろなデザインがあって面白い。
中でも、クウォーター(Quarter)と呼ばれる25セントコインの種類はすごい。
いったいいくつあるのか正直数えられまへん。

そんな25セントコインのコレクションを紹介します。

■□■□■ 普通のコイン ■□■□■

001normal

■□■□■ スペシャルコイン ■□■□■

0031973thercmp_2 0052002canadaday_2 0062004400thannivofthefirstsettle_3 0072006themedalofbravery
0082004remembrancedaypoppies 0092005100thanniversaryofalberta 0112005yearoftheveteran

■□■□■ 1999ミレニアムデザイン ■□■□■

0291999millenniumjunefromcoasttocoa 0311999millenniumaugustthepioneersp 0321999millenniumseptembercanadathr 0351999millenniumdecemberthisiscana
6月発行
8月発行 9月発行 12月発行

■□■□■ 2000年ミレニアムデザイン ■□■□■

0362000millenniumpride 0372000millenniumingenuity 0382000millenniumachievement 0392000millenniumhealth
Pride(誇り) Ingenuity(巧妙さ) Achievement(達成) Health(健康)
0402000millenniumnaturallegacy 0412000millenniumharmony 0422000millenniumcelebration 0432000millenniumfamily
Natural Legacy
(自然の遺産)
Harmony(調和) Celebration(称賛) Family(家族)
0452000millenniumcreativity 0472000millenniumcommunity
Creativity(想像力) Community(地域社会)

■□■□■ 2010年バンクーバーオリンピック記念 ■□■□■

0482010vancouverolympiccarling 0492010vancouverolympicicehockey
カーリング アイスホッケー

Cimg6416

■□■□■ 2010年バンクーバーパラリンピック記念 ■□■□■

0502010vancouverparalympiccarling
カーリング
LINEで送る
Pocket

裁判の制度はおかしいと思う。

LINEで送る
Pocket

村木厚子さんの事件などを見ていても、やはり裁判の在り方はおかしいと思う。

検察も弁護士も相手を打ち負かす事を目的に材料集めをしているから

自分側に都合の悪い証拠は隠ぺいされる

誰も唯一無二の真実を探求していない。

そもそも言い負かした方が真実だというシステム自体がおぞましい。

これじゃ戦争と同じだ。

裁判は学者の研究と同じくして真実の探求として行われるべきだ

検察はこういう事を言うらしい。

「はやく認めた方がいい。裁判になったら君が得をする事はない」

弁護士もこういう事を言うらしい。

「一般的に裁判になったら勝つ確立は○%程度だから、やったかやってないかはともかくとりあえず認めた方が君のためだ」

被告はいろんなプレッシャーを周りから当てられまともな判断ができなくなる事も多い。

孤独感や絶望感からやってない事を認めてしまうケースも相当数あるようだ。

検察や弁護士に与えられるインセンティブの基準が問題だ。

検察は一度しょっぴいた被告が無罪だった事でメンツがつぶれる事を気にする。

弁護士は無罪を勝ち取れば自己キャリアを築いていける。

だから改ざんや隠ぺいをしてでも真実を曲げる行為が行われる。

頼むから誰か真実の追求をしてくれ。

LINEで送る
Pocket

中国共産党による暴力を許すな!

LINEで送る
Pocket

■尖閣諸島の領有権についての両国の言い分

【中国側言い分】

1.明の時代、琉球への冊封使の報告書である古文書に魚釣台を目印に航行した記述がある。
2.江戸時代の日本の学者が描いた地図の色が中国側と同じ色だった。
3.日本が密やかに「領有」を実現し、国際社会に宣言しなかった。

つまり中国側の言い分はこういう事になる。

1.古文書に名前が出てくる地域は自国の領土である。
2.江戸時代の一介の学者が描いた地図の色が国際法に元づく公的文書よりも強い証拠。
3.1971年以前、中国自身領有を宣言した事がないがその事はいいらしい。

もっと言うとこういう事になる。

1.昔から知っている → 俺の物
2.誰ぞが描いた地図の色が同じ → 俺の物
3.俺も宣言していないが、お前も密やかにしか宣言していない → 俺の物

因みに、中国側には一切の公的文書による領有権の記述は存在しない。

【日本側言い分】

・1885: 沖縄県令(県知事にあたる)西村捨三(にしむらすてぞう)が尖閣諸島の公的支配を申請。
→ 清国の領土か未確認であったため衝突を懸念して山縣有朋によって上記は却下される。
・1895年1月:  正式に沖縄県の領土として組み入れる事を宣言。
→ 1884年から入念な調査を行い、結果尖閣諸島を領有する国が無いことを確認している。
・1895年4月:  下関条約にて日本・清両国によって尖閣諸島が日本の領土であることの同意が行われる。
・1920年: 中国から石垣住民に送られた感謝状に「日本帝国沖縄県八重山郡尖閣列島」と明確に記載
→遭難した中国難民を救助した石垣住民に中国から贈られた感謝状。
・1969: アメリカは尖閣諸島を含む沖縄周辺の島をアメリカ支配から日本国に変換する事を表明している
・1970: 中国教科書に明確に日本の領土である尖閣群島として紹介されている。
・1972/5/15: 日本はアメリカから公的に尖閣諸島の変換を受けている
・1971年までに日本の「領有権」に異議を唱えた国は存在していない。

1969年国連が尖閣諸島周辺に大規模なガス田がある可能性を示唆
→1971/6/11:中国は突然尖閣領有権の主張を開始した。
地下資源発見前1970以前、尖閣諸島防衛協会発行の尖閣諸島写真集には中華人民共和国発行の社会科地図にはっきりと”尖閣諸島”と記載され、国境線も尖閣諸島と中国との間に引いてある。しかし、地下資源が確認された以後の1971年の南西諸島の部では、尖閣諸島は”釣魚台”と記載され、国境線も日本側に曲げられている。

中国から石垣住民に贈られた感謝状
石垣住民への感謝状
石垣住民への感謝状

台湾も明確に尖閣が日本の領土であると認めている。
以下参照
LINEで送る
Pocket