10万年放射性物質を隔離するということ

LINEで送る
Pocket

放射性廃棄物を10万年保管し隔離する施設について考える。

原子力発電によって裕福になる一部の人々は「原子力発電を継続する」という目的遂行の為のプランをたてている。彼らの目的は「社会に利益をもたらす事」ではない。本来は「社会に最大限の利益をもたらすためにどう電力を活用するか」という視点から計画をたてるべきだが。

さて、放射性廃棄物は半減期に従って10万年ないし、100万年の間放射線を出すといわれ人体に有害な影響を継続的に与え続けるが、それら放射性物質は人類社会から隔離された施設で安全に管理すれば放射性廃棄物の問題は全く問題ないし、それができるのだと原発推進の人々は解説する。しかし、それは一体どういう事を意味するのか具体的に見て行きたい。

次の図を見てほしい。

放射性物質を10万年隔離するという事は全人類の文明の歴史を遥かにしのぐ年月を立った一つの地下施設に注意を払いながら反永続的に管理して行く事を意味している。しかも、原発を廃止した時から10万年であるから、その間は収束に向けて管理する機関はその施設は何も生まない負の施設として存続し続ける。
放射性物質を10万年隔離するという事は全人類の文明の歴史を遥かにしのぐ年月を立った一つの地下施設に注意を払いながら反永続的に管理して行く事を意味している。しかも、原発を廃止した時から10万年であるから、その間は収束に向けて管理する機関はその施設は何も生まない負の施設として存続し続ける。

現代からみて10万年前とは、人類がアフリカ大陸を初めて出発し世界に進出し始めた頃だ。人類最古の壁画(ショーヴェ洞窟の壁画)が描かれたのが3万2千年前。3万年前にやっと後期石器時代が始まる。ネアンデルタール人が絶滅してからまだ2万年しかたっていない。1万8千年前に人類はやっと土器を作り始める。1万1千年前に農業が起こり、1万年前まで人類はマンモスを食料としていた。人類史上最古のエジプトピラミッドとして遺るジョセルのピラミッドはたかだか4千7百年前に建てられた物である。しかし現代の人類はたった4千7百年前の建造物の本来の意味・用途すら理解できないでいる。

そもそも国家という単位でこそ初めて法治のもとに秩序を求められるのであるが、国家とはそう長く存続し続けるものではない。世界各国では栄枯盛衰を繰り返しながらローマ帝国ができ滅びオスマン帝国が現れ、随や唐が現れ消えて行った。あまり知られていないが人類史上最長の歴史を誇る国家は日本である。がその最長の国家の歴史はたったの1,600年である。

さて、電力のために放射性廃棄物を10万年も管理しようとしているわけだが、その電気が発明されたのはたった350年程前の事である。図にあるとおり、350年の歴史とはこの規模でみると紙の様に薄い歴史である。原発利権をもつ人々はたったこれだけの紙の歴史の栄華のために、残りの10万年をのこされた人類に奴隷の様に施設管理させようとしているのである。

国家という単位が2千年を超えて存続した事がないというのに、

どういう思考回路を以て10万年間何も生まない負の施設を管理できると断言できるのだろう。

 

LINEで送る
Pocket

20mSv/年 – 登校を安全と判断した説明会見

LINEで送る
Pocket

安全判断の基準説明会見回答者

  • 文部科学省スポーツ青少年局学校健康教育科タジマ氏
  • 内閣府原子力安全委員会事務局のマルヤマ氏
  • 文部科学省科学技術学術政策局ネハシ氏
  • 大臣官房総務課エザキ氏

福島瑞穂私用により欠席

【20mSv/年 – 登校を安全と判断した説明会見】

やり取りをまとめてみた

事前質問に関して文章にて回答して頂けるということでよろしいでしょうか。
→文章での回答は考えておりません。
福島の学校全体の76%の管理区域で基準を超える。これは事実でよろしいですか?
→何%かの資料を持ってきていないからわかりません。
放射線管理区域の基準数値は?
→わからない
放射線管理区域とはどういうところか分かっていますか。
→わからない
18歳未満の人間を管理区域で働かせてはならない(労働基準法)。ご存知でしたか。
→事前に質問を受けてないからわからない
→私個人が知ってるかどうかという事ではなくて、省としてそれを踏まえているかわからないので戻って確認。
20mSv/年で白血病が発生した場合労災が降りる程の量であるが、その事は知っていたか。
→持ち帰って確認します。
病気になったら労災がおりるような環境で子供を遊ばせる事について問題ないと判断したと考えて宜しいですか。
→労災基準との関係は検討の過程でどうあったかは持ち帰ります。
20mSv/年と決めたのはどういうプロセスでしたか。
→福島県内の学校の利用判断の考え方を福島県から依頼され、福島県でモニタリングして、文科省もモニタリングして、原子力災害対策本部、原子力安全委員会にデータを送って決めた。
原子力安全委員会何回開かれて、どういうメンバーだったのか。決めた中心人物はだれか。
(原子力安全委員会事務局、規制調査科丸山の回答)
→4・19に原子力災害対策本部から校庭の利用基準の助言がされた。十分の検討をして委員会全体で判断して決めた。
たった2時間で決めた。よろしいですか。
→原子力安全委員会は2時間だったが、それ以前にも事前に検討したのを踏まえて決めました。
安全委員会の会議はこれ以前に開かれていない。とのことですが。
→公式な会議は開かれていません。
なぜ公式な会議を開かずにこういう重要な事を決めるのですか。
→そこは、、
どうやって決めたんですか。議事録はないんですか。
→そこは承知していないので。
どうやって決めたんですか。
→いや、あの
事務局だけで決めたと。。
→いや、事務局だけでは決めてません。
全会一致で決めたんじゃないんですか。
→最終的に委員会で決めました。
じゃあ議事録あるんですか。
→議事録は、確認します。
子供の命を預かる重要な過程を後から確認できない。議事録がないというのは問題ですよ。
→災害対策本部の方から設定についての考え方が紙で記されています。目安についての考え方が書いてあって20ミリシーベルトの基準が書いてある。それに対して安全委員会の方で、差し支えないと判断しました。
差し支えあるのですよ。
それについてどういう形で差し支えないと決めたのか議事録をだしてください。
→議事録があるかはわかりません。
5人のメンバーが集まって安全委員会は開いてはいない。開いていないけど安全委員会の正式な見解しいて、20ミリシーベルトが差し支えないと、では、どうやってそれを決めたのかを示してください。
→正式な判断は、文部科学省のホームページに書かれている。
どうやって決定したのかを説明してください。
→のれそれ(省略)

LINEで送る
Pocket

福島大学放射線計測チームによる放射能分布の怪

LINEで送る
Pocket

福島大学の放射線計測チームが3月11日に発生した大地震の影響による福島原発の放射能漏れによる放射線量率の測定結果を発表した

実際に放射線量率を見てみよう。

図のプラスマーク(+)部が福島原発の位置であり、黒い等高線のような模様が放射線濃度の分布である。

空間放射線量率測定結果
空間放射線量率測定結果

原発を中心として放射線の濃度が広がっているのかと想像していましたが、どうやら違うようですね。

なにやら不思議な分布をしています。原発よりはるか20kmも北西に分布の中心があります

見づらいので、もうちょっと見やすくマップを加工しましたので、下記を見てみましょう。

放射線の中心を見易くした
放射線の中心を見易くした

赤丸が放射線濃度の中心です。

ちょうど何かの国道の真上のようですね。国道114号沿いの様です。

このあたりは富岡街道と呼ばれる道です。

Googleの航空写真で詳しく見ていきましょう。

Google航空写真で放射線濃度の中心を見る
Google航空写真で放射線濃度の中心を見る

ほとんど山奥の何も無い地域、かと思いきや、おや?道沿いに何か見えますね

赤丸の部分に見える何かがちょうど放射線濃度の中心辺りになりますが。

見づらいので拡大してみましょう。

小屋のような何かがあります。
小屋のような何かがあります。

なにやら小屋のような施設があります

こんな山奥になんでしょうか。

こんな何も無い土地にポツリとたつ施設に放射線濃度の中心がありました。

危険ですね。この施設大丈夫なんでしょうか。

 

LINEで送る
Pocket